2018年03月26日

「センス」という感覚

こんにちは 

東京では、桜が満開だとか
会津ももう少しですね。
待ち遠しい〜です

「センス」とはどのような感覚をいうのか
ここ最近まで、気にかかっていたことを整理してみます。

職業訓練で、ビジネス文書を作成する時、(具体的には、ご自分の職務経歴書)
「センスよくレイアウトを整えてみてください」と伝えた指示に、戸惑いをみせた訓練生が数人。
「先生、自分はセンスが無くて…」と口にされた方に、表現を具体的な指示に変えてお伝えしました。

「センスがよい」という表現は、「美的感覚」のことだけを表しているのではなく、「気の利いた言葉や提案」「微妙な違いを感じ取る感覚」など、あまりにも色々なケースで使われるものであること。
また、感覚の優劣を評価されることのように、伝わってしまったのだろうと振返っておりました。

「センス」は、一朝一夕では身に付きませんが、トレーニングすることは効果的であると思います。
どんな物の見方をするか、どんな視点で物事を考えているか、気づくという感覚。
ビジネスで活用するレイアウトの事例以外でも、「センスの質」は、ひたすら知識や情報、体験を増やしていくことで、磨いて上げていくことが出来ると考えます。

キラッと光るための感覚。創造性があり、他と違う選ばれるための感覚を、ぜひ、磨いていきたいものですね。
posted by トコム at 18:23| 福島 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

☆ 迎春 ☆

明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします

会津らしく、雪の多いお正月となりました
「このくらいの雪で良かったね」と余裕の会話も聞こえてきます

今年の正月料理は、こだわって
「こづゆ」と「ざくざく」の両方を作ってみました

こづゆ」は一晩水に浸した「帆立の貝柱」のダシ
_20180104_202720.JPG

ざくざく」は茅乃舎の「煮干し」ダシ
_20180104_202600.JPG

家族、親せきに「美味しい」と言っていただき
「おかわり!」の笑顔を見れたことが
一年間のエネルギーとなってくれそうです

日々のしあわせを大切に、がんばって参りましょう
感謝 
posted by トコム at 14:30| 福島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

本年もお世話になりました!

今年も残りわずかとなりました。
本日は、弊社の仕事納めとなります。

第九.jpg
先日、友人に誘われて「第九」の演奏(合唱)を聴きに行きました。
SNSにアップしたところ、「松江豊寿にささぐ」「バルトの楽園」と子どもたちからのコメント。
さすが、会津出身の子どもたちだわ…と感心してしまいました。

今でこそ年末のシーズンによく耳にするこの交響曲第9番。
昔、板東俘虜収容所でドイツ兵捕虜により演奏されたのが日本での初演。
このとき収容所所長を務めたのが会津出身の松江豊寿(1872年-1956年)であり、第9代若松市長であるとのこと。
年末らしいイベントをしてみたいと、演奏会に行ってみたのですが
期待以上の「心の栄養」をいただけました。

一年間大変お世話になりました。
ありがとうございました。
来年も「トコム」をよろしくお願いいたします。
どうぞ良いお年をお迎えください。
posted by トコム at 13:29| 福島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする